AKAGUMA BANK (アカバン)

    赤熊寛敬の日常とSkateboardと仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

instant主催の

久々にinstantに行けた。
SN3E5013.jpg
移転前に行けてよかった!!

で、これ宜しくです!!!

18日のインタースタイルの「instant BOX-JAM」

本間さんの文章をコピペします。

当日はまず12時インタースタイル内スケートセクションに集合。この時点で居ないと最後まで出場できません。そこからBOX出してJAMセッション。最初は人数多いと思うので、エントリーシールみたいのを貼ってもらいます。そのシールを貼ってないとジャッジの対象にならないのでご注意。JAMセッションの時間は集まった人数見てアナウンスする予定。ジャッジが見てる前のあのBOXでみんなでJAMってみて、招待選手に加えてJAMセッションから選手をピックアップいたします。ピックされた選手はグループと順番をくじ引きして、4人の4グループにセットします。そこから今度はOUT形式で進めます。前の人がやったトリックを次の3人が真似をする。スケートゲームな感じです。トリックも基本スケートゲームに準じた感じで、地面に足をつくボンレスやコンプライ、手を着くトリックはNGです。あとは基本BOXをどのように料理してもらってもOK。カーブにしてもマニュアルにしても、ポップで乗ってフリップで降りるって組み合わせでも、なんなら飛んじゃってもいいんです。前の人のトリックができない場合は×が付いて、5個になった時点で敗退です。それで4グループからそれぞれ1名を選出。そして準決勝。ここからはタイマンよ。ここからは先攻の人が失敗すると次の順番の選手がトリック決めをしますが、次の人もトリックしっぱいしちゃってまた先攻の人に戻り、そこでまた失敗すると×が付く新ルール採用。ここがカギになってくると思います。それぞれタイマンを勝った選手で決勝。いやいや、誰が勝ちあがってくるのか楽しみです。


オモロそうだ!

あなたとあなた、当日12時にに会場でね。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。